2007年01月25日

Blufin液晶保護フィルムと互換製品

 

BlufinはキーボードのないWindowsCe機なので、液晶画面に貼り付けられたタッチスクリーンを叩いたりこすったりして使う。普通に使っていれば気にする必要はないという意見もあるが、やはりタッチスクリーンを消耗品として割り切ることは私にはできない。

BF_PSP保護フィルム.jpg

----------------------------------------------------------------



Blufin液晶保護フィルム


BlufinはキーボードのないWindowsCe機なので、液晶画面に貼り付けられたタッチスクリーンを叩いたりこすったりして使う。普通に使っていれば気にする必要はないという意見もあるが、やはりタッチスクリーンを消耗品として割り切ることは私にはできない。

そこで登場するのが液晶保護フィルムだ。日本の販売店でも扱っているし、韓国では予備バッテリー1つと液晶保護フィルムをセットで売り出している店が多かった。

純正液晶保護フィルム.jpg



"Blufin"のロゴが入った箱に入った純正品1575円になる。ヘビーユーザには必須のオプションかもしれない。そもそもBlufinに手を出す人間がヘビーユーザでない訳がないのだが。



さて、ここでちょっとこの画像を見て欲しい。

PSPとblufinちょっと離して.jpg



子どものPSPBlufinを並べてみて気がついた。この二つはどちらも4.3インチワイド液晶を使っている。ということは、PSPの液晶保護フィルムはBlufinにも流用できるはずだ。

Blufinのオプションはなかなか近所では手に入らないが、PSPのオプションならサードパーティーを含めその辺で山ほど手に入る。そこでこんなものを取り寄せてみた。CYBER・液晶保護キット

BF_PSP保護フィルム.jpg



これは液晶保護フィルムとクリーニングクロス、それにフィルムをきれいに貼るためのスクイージーカードがセットでamazonで473円だった。ちなみに近所のツタヤでは500円。このフィルムを恐る恐るはってみたところ、あたりまえだがぴったりサイズがあった。PSPよりBlufinの方が液晶パネルが内側にあるので、少し角を埋め込む感じになる。



さて、このPSPとBlufinのサイズだが、液晶画面以外にも結構近いサイズの部分がある。

PSPのサイズがが約170x23x74mm、Blufinは131x24x72mm。並べてみるとPSPはコントローラー部分がBlufinよりはみ出しているだけ、という印象も受ける。良くこの筐体に30GのHDDを詰め込んだものだ。

ともあれ横幅が短いだけで、あとはほぼ同じサイズということは、街で売っている他のPSP用のオプションが活用できる可能性がある。例えばPSPのポーチはBlufinをすっぽり入れてまだ余るはずだ。その部分に、工夫すれば安全にイヤフォンやケーブルなども収納できるだろう。また、厚みに合わせたフォルダーがあれば流用できる可能性もある。

街に溢れるPSPのオプションやサードパーティーの製品を、これからは少し気にしながら見てみようと思う。



ところで、液晶保護フィルムなんて500円でも高い、という技術料黙殺原料価格重視派にはこんな製品もある。

ー保護フィルム.jpg


これは100円均一の最大手ダイソーで購入した電子辞書用液晶保護フィルムだ。実は私は張り替えるまでこれを使っていた。日本中で手に入る可能性がありしかも105円と安い。

商品には「液晶サイズに合わせて自由にカットできる」とあるが、これは「がんばってカットしなければならない」と書くべきだろう。4.3インチワイドのサイズに切るのは結構大変だった。

最近人件費がどんどん安くなっていく私だが、あの作業時間は、PSPのキットからスクイーズカードとクリーニングクロスを差し引いた金額よりは高くついているように思う。




ベスト10入りが夢です。よろしかったらクリックにご協力お願いします。
Brog.gif
posted by Blufin Lover at 05:00| Blufin オプション・周辺機器