2007年02月15日

おでかけソフト2題 - Nexttrain / 乗換案内



せっかくのPDA/PMPであるBlufin、音楽を聴いたり動画を見る以外にもお出かけ先でもっと活用できないかと考えていたら、我が家にまだインストールしていないWindows Ceのアプリケーションがあることを思い出した。Jorudanの "乗換案内" だ。

nexttrain.gif

----------------------------------------------------------------



おでかけソフト2題 - Nexttrain / 乗換案内


せっかくのPDA/PMPであるBlufin、音楽を聴いたり動画を見る以外にもお出かけ先でもっと活用できないかと考えていたら、我が家にまだインストールしていないWindows Ceのアプリケーションがあることを思い出した。Jorudanの "乗換案内" だ。

これは実は敢えて購入したものではない。
以前買ったLooxにプリインストールされていたソフトだ。しかしリカバリーで再インストールをすると、Ce へのインストール画面も出てくる。これは試さない手はない。インストールはPCとBlufinをActiveSyncで同期させれば、PC側の操作で完了する。エラーなどは帰ってこなく、Blufinのデスクトップにも無事アイコンができる。

odekake_icon.gif



起動してみる。
どうも地図の表示の様子がおかしい。まだ右側に地図が続いているのに表示しきれていないように思える。

NorikaeannaiCe.gif



試しに地図をタップしてみると、意図しない北越地方の地図に飛んだ。

norikae_urahihon.gif



実はこれはBlufinでは時々見かける現象だ。

BlufinはまずはPMPであるため、解像度は480x272とあまり一般的ではない数字だ。Blufinと同じMIPS系である Cassiopea や Sigmarion では、当時の定番であった 640x240 という解像度を採用しているため、ソフトもこの解像度を前提に書かれていることが多いのだ。従ってそういうソフトをBlufinで使おうとすると、表示とタップの関係がずれたり、あるいはメニューアイコンなどが表示しきれなかったりする。

乗換案内は、駅名入力ダイアログを使えば一応作動する。しかし正直あまり使い勝手が良いとはいえない。




これは寂しいとお出かけ関係のフリーウェアを探していたら、こんなのがあった。 "Nexttrain"


nexttrain_web.gif

http://office.toyolab.com/nexttrain/


NextTrain は、時刻表データを読み込んで次に発車する列車の時刻と出発までの時間を表示するリアルタイム時刻表ソフトだ。「そろそろ駅に行こうと思うけれど、次の電車は何分だっけ?」という場面で絶大な威力を発揮する。


"NextTrain for WinCE Ver1.01"をダウンロード、インストールしてみる。

乗換案内同様 Cassiopea や Sigmarion をターゲットに書かれているはずなのだが、こちらは表示の抜け落ちなどを感じない。全く問題なく動く。


nexttrain.gif



私はCeのプログラムを書いたことがないので何とも言えないのだが、表示の座標をがちがちに固めてしまったり画像を多用してその横幅を480以上にしてしまうと "乗換案内" のような現象が発生するのかもしれない。

文字列ベースで緩やかに書いた "Nexttrain" は Blufin でも快適に使えるし、なんといっても実用性が高い。時刻表データを変換ツールなどで自作することもできる。ついつい残業などで帰りが遅くなってしまいがちな方にはお勧めのソフトだ。何と言ってもフリーウェアだし。




このブログはランキングに参加しています。よろしかったらぜひクリックお願いします。
Brog.gif

posted by Blufin Lover at 16:15| WindowsCeアプリ