2007年04月09日

Blufin、MicroSoft公認!?



MicroSoftのウェブサイトには、"Case Study" というページがある。

まぁ有り体に言ってしまえば「MicroSoftの製品を使うと、こんなことができますよ」という宣伝のようなものだ。Windows系のOSはもちろん、OfficeやServerからC++まで、様々なジャンルのMS製品の活用方法や実例が紹介されている。そしてなんとここに Blufin を作っている Tinnos 社が取り上げられた。

MS_Case1.gif

----------------------------------------------------------------



Blufin、MicroSoft公認!?

MicroSoftのウェブサイトには、"Case Study" というページがある。

まぁ有り体に言ってしまえば「MicroSoftの製品を使うと、こんなことができますよ」という宣伝のようなものだ。Windows系のOSはもちろん、OfficeやServerからC++まで、様々なジャンルのMS製品の活用方法や実例が紹介されている。

そしてなんとここに Blufin を作っている Tinnos 社が取り上げられた。

MS_Case1.gif

http://www.microsoft.com/casestudies/search.aspx?ProTaxID=1562


キャプチャ画像では読みにくいが、こう書かれている。


"Tinnos Inc.
Embedded Operating System Saves PMP Maker Development Costs and Time
Tinnos Inc, a 10-man South Korean consumer technology startup, selected Windows® CE version 5.0 as a light but full-featured embedded operating system to power its revolutionary Personal Multimedia Terminal (PMT), the Blufin. Featuring comprehensive tools, real-time processing, multi-media and networking support, Tinnos has delivered the one of the very first Windows CE-powered PMT with lower development costs and faster time-to-market"


「Tinnos社は、『革命的なパーソナルメディアターミナル』PMT(=PMP?)である "Blufin" を開発するにあたり、包括的なツールやリアルタイム処理、マルチメディアやネットワークサポート環境から、WindowsR CE Ver5を採用し、開発費と時間を節約することができた」といった概要だ。


Tinnos社は AMD社 のモバイルCPU部門である RMI社にODMパートナーとして選ばれている。そしてこんどはMicroSoft社に認知された。Case Studyに取り上げられたこともニュースだが、MicroSoft社に「革命的なパーソナルメディアターミナル」と言わしめたことの方が、ユーザとしてはちょっと鼻が高い。初期ユーザは先見の明があった、ということになる気がする。^^;




せっかくなので詳細ページからも引用してみる。

mscase2.gif



Tinnos Inc.
Embedded Operating System Saves PMP Maker Development Costs and Time
Posted: 04/02/2007

Tinnos Inc, a 10-man South Korean consumer technology startup, selected Windows® CE version 5.0 as a light but full-featured embedded operating system to power its revolutionary Personal Multimedia Terminal (PMT), the Blufin. Featuring comprehensive tools, real-time processing, multi-media and networking support, Tinnos has delivered the one of the very first Windows CE-powered PMT with lower development costs and faster time-to-market.

Business Needs

We believe Windows CE is the best solution for our device because it is a light, feature-rich operating system with the familiar Windows look and feel.
Dr Sang-Lak Lee
Co-CEO
Tinnos Inc.


A self-described “digital knowledge factory”, Tinnos, Inc. was incorporated in March 2005 with the goal of developing new kinds of digital convergence devices. The company is a 10-man software and hardware engineering team with a focus on developing the next generation of personal multimedia terminals.

After researching the market, Tinnos realized that demand for Personal Digital Assistants (PDA) was fading because of severe limitations across hardware and software environments. At the same time, demand for personal multimedia devices was on the rise. “In the late 1990s, PDAs were the ideal tool for personal organization and handheld computing. But they lacked hard drives and possessed inadequate multimedia capabilities to match consumer expectations for richer audio/video performance and Internet connectivity,” adds Brian Yi, Co-CEO, Chief Business Strategy and Marketing, Tinnos Inc.

Recognizing the opportunity, the company set a development goal of building an all-in-one hybrid; a handheld, multi-functional PMT consumers could use as an enhanced PDA. “Ideally, the device could be used for watching movies or listening to music while commuting. Or even as a tool for learning a foreign language. In the work place, it would be powerful enough for presentations, checking emails and surfing the web for news and so on,” remarks Dr Sang-Lak Lee, Co-CEO and Chief of Software Design and Hardware Development, Tinnos Inc.

Tinnos determined that to develop the kind of device they envisioned, it required a light and efficient embedded operating system that was flexible, and integrated core multimedia functionality. They would also need a high-performance CPU that was not resource intensive. The key challenge was finding the right operating system, CPU and application programs.

Solution
To fulfill its development requirements, Tinnos selected Windows CE 5.0 as its operating system. Says Dr Lee, “We decided early on that we would develop this product on the Windows platform for a number of reasons. Firstly, there was a large pool of Windows-certified engineers skilled in this environment. Secondly, many of them have significant experience in developing solutions for the PDAs using Windows CE. Finally, Windows CE 5.0 is the best solution for our device because it is lighter than other operating systems from Microsoft.”

Tinnos also realized that if they succeeded, this would be the world’s first porting of Windows CE 5.0 to a portable multimedia device. “This was a bit of a challenge because even the developers of Windows CE 5.0 had not imagined this application for the operating system,” notes Yi. “But we found a unique solution.”

With a two program developers and two hardware engineers, the entire development process took 10 months starting in October 2005. For the hardware, Tinnos worked with Raza Microelectronics to port Windows CE 5.0 to the RMI Alchemy™ Au 1200™ processor. Other specifications included a WQVGA liquid crystal display from Sharp and a 30GB hard drive from Hitachi.

Additionally, Tinnos partnered with MNBT Corporation to develop faster digital multimedia broadcasting device technologies. This allowed the PMT to receive high quality terrestrial digital media broadcasts.

Tinnos launched the new PMT, the Blufin, in August 2006. It sports a 2.0-megapixel camera, 30GB hard drive, 128MB RAM, USB connectivity, SD card slot, and a 4.3-inch WQVGA LCD display powered by an Au1200 processor. By the end of December 2006, Tinnos had sold over 8,000 units to domestic and overseas customers.

Benefits
Tinnos developed the Blufin PMT thanks to the advanced, real-time Windows CE 5.0 embedded operating system. This helped Tinnos lower development costs and bring the device to market faster using the large pool of Windows-certified developers. “With our focus on personal multimedia terminals, we are able to respond to the aspirations of the market and consumers, by being a step ahead with Microsoft next-generation technologies,” adds Lee.

Lower Development Costs
With a complete feature set and development tools, Windows CE 5.0, performs much work within the operating system itself. Its component-based environment means custom features are easily reused, scalable and portable.

Impressive Track Record
In evaluating the options, Tinnos looked at the Windows CE track record on a variety of processing platforms and devices. These were largely successful in the PDA, handheld PC (HPC) and sub notebook segments.

Availability of Development Expertise
The benefit of using Windows CE for the Blufin is the large pool of available Windows-certified developers and engineers. “We knew there were more trained and experienced Windows programmers and developers, so this helped lower our development costs,” adds Lee.

Faster Time-to-Market
The Blufin PMT was developed in under ten months, from conception to manufacturing. The Windows CE environment supports rapid application development for resource constrained devices (such as PDAs and PMTs) using a single binary without recompiling. “It offers us a large developer community and easy customization of Windows CE 5.0,” remarks Lee.

Better Future Interface
Tinnos is looking to evolve the Blufin further in subsequent versions.

“We are preparing a more user-friendly model of the Blufin device with enhanced communication technologies,” says Lee.

“We expect to build a new kind of business convergence between our device and content, especially as we focus our development in the area of personal, portable multi-functional terminals.”

For more information about other Microsoft customer successes, please visit:
www.microsoft.com/casestudies

This case study is for informational purposes only. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, IN THIS SUMMARY.
Document published March 2007




長い。まじめに翻訳するのがとても嫌だ!


申し訳ないが、ここはひとつ機械翻訳で堪忍していただきたい。


Tinnos社
埋め込まれたオペレーティング・システム、PMPメーカー開発費および時間を保存
Tinnos社(10人の韓国人消費者技術スタートアップ)は、その革命的な個人のマルチメディア・ターミナル(PMT)(Blufin)に動力を供給する光だが十分に注目の埋め込まれたオペレーティング・システムとして、WindowsR CEバージョン5.0を選択しました。包括的なツール、リアルタイム処理、マルチメディアおよびネットワークのサポートを特色として、Tinnosは、より低い開発費およびより速い商品化に要する時間を備えたまさに第1のウィンドウズCEを動力とするPMTの1つを伝えました。

2ページの事例研究
Tinnos社
埋め込まれたオペレーティング・システムはPMPメーカー開発費および時間を保存します
記入されました:04/02/2007

Tinnos社(10人の韓国人消費者技術スタートアップ)は、その革命的な個人のマルチメディア・ターミナル(PMT)(Blufin)に動力を供給する光だが十分に注目の埋め込まれたオペレーティング・システムとして、WindowsR CEバージョン5.0を選択しました。包括的なツール、リアルタイム処理、マルチメディアおよびネットワークのサポートを特色として、Tinnosは、より低い開発費およびより速い商品化に要する時間を備えたまさに第1のウィンドウズCEを動力とするPMTの1つを伝えました。

ビジネス・ニーズ

私たちは、それがよく知られているウインドウズ・ルック・アンド・フィールを備えた軽く、特徴豊富なオペレーティング・システムであるので、ウィンドウズCEが装置のための最良のソリューションであると信じます。
サーグ=Lakリー博士
共同CEO
Tinnos社


2005年3月に、自称「ディジタル知識工場」ゆえ、Tinnos社は、新しい種類のデジタル収束装置を開発するゴールで組み入れられました。その会社は、個人のマルチメディア・ターミナルの次世代の開発への焦点を備えた10人のソフトウェアおよびハードウェア工学チームです。

市場を研究した後に、Tinnosは、パーソナル・デジタル・アシスタント(PDA)の需要がハードウェアとソフトウェアの環境を横切って厳しい制限のために衰えていることを理解しました。同時に、個人のマルチメディア装置の需要は上昇中でした。「1990年代の終わりでは、PDAは個人の構成および携帯型のコンピューティングのための理想的なツールでした。「しかし、それらはハードドライブを欠き、より豊富なオーディオ/ビデオ実行およびインターネット接続用消費者期待と一致する不適当なマルチメディア能力を所有しました」とブライアンYi、共同CEOおよび主要な経営戦略およびマーケティング(Tinnos社)が付け加えます。

機会を認識して、その会社は、オール・イン・ワン・ハイブリッドを構築する開発目標をセットしました; 携帯型の多機能のPMT、消費者は増強されたPDAとして使用することができました。「理想的には、映画を見るか通勤間に音楽を聞くのために装置を使用することができるかもしれない。あるいは外国語を学習するためのツールとしてさえ。仕事場では、電子メールをチェックして、プレゼンテーションにはそれは、十分に強力で、ニュースのためにウェブをサーフするでしょう、など。」発言、サーグ=Lakリー((Tinnos社))博士(ソフトウェア設計およびハードウェア開発の共同CEOおよびチーフ)

Tinnosは、それらが構想を描いた装置の種類を開発するために、それが柔軟で、中核マルチメディア機能性を統合した光および効率的な埋め込まれたオペレーティング・システムを必要とすると断定しました。さらに、それらは、資源集約的でなかった高機能CPUを必要とするでしょう。重要な挑戦は正しいオペレーティング・システム、CPUおよびアプリケーション・プログラムを見つけていました。

ソリューション
その開発必要条件を満たすために、Tinnosはそのオペレーティング・システムとしてウィンドウズCE 5.0を選択しました。リー博士は言う、「私たちは、多くの理由でのウインドウズ・プラットフォーム上のこの製品を開発すると早い時期に決定しました。第1に、この環境に熟練しているウインドウズを保証されたエンジニアの大きなプールがありました。第2に、それらのうちの多数は、ウィンドウズCEを使用して、PDAのための現像液の重要な経験を持っています。最後に、それがマイクロソフトからの他のオペレーティング・システムより軽いので、ウィンドウズCE 5.0は私たちの装置のための最良のソリューションです。」

Tinnosは、さらにもし彼らが成功すればこれが世界の1位だろうということを理解しました、ポータブルマルチメディア装置へのウィンドウズCE 5.0の運びます。「ウィンドウズCE 5.0の開発者さえがオペレーティング・システムのためのこのアプリケーションを想像していなかったので、これは挑戦に少しありました」とYiが述べます。「しかし、私たちはユニークなソリューションを見つけました。」

2人のプログラム開発者および2人のハードウェア・エンジニアと、開発プロセス全体には2005年10月にスタートして、10か月かかりました。ハードウェアについては、RMI錬金術へのウィンドウズCE 5.0を運ぶために、TinnosはRazaマイクロエレクトロニクスで働きました? Au 1200? プロセッサー。他の仕様書は、シャープからのWQVGA液晶ディスプレイおよび日立からの30GBのハードドライブを含んでいました。

さらに、より速いディジタル・マルチメディア放送装置技術を開発するために、TinnosはMNBT株式会社と提携しました。これは、PMTが地球上のディジタル・メディアが放送する高品質を受け取ることを可能にしました。

Tinnosは2006年8月に、新しいPMT(Blufin)を始めました。それは2.0-メガピクセル・カメラ、30GBのハードドライブ、128MBのRAM、USB接続、SDカード・スロット、およびAu1200プロセッサーによって動力が供給された4.3インチのWQVGA LCDディスプレイを誇示します。 2006年12月末日までに、Tinnosは国内・海外の顧客に8,000ユニット以上を売りました。

利点
TinnosはBlufin PMTを開発しました、高度なリアルタイムのウィンドウズCE 5.0にありがとう、オペレーティング・システムを埋め込みました。この支援されたTinnos、より低い開発費、またウインドウズを保証された開発者の大きなプールをより速く使用して、市場へ装置を出します。「個人のマルチメディア・ターミナルへの私たちの焦点で、私たちはマイクロソフト次世代技術で前方に1ステップであるにより、市場と消費者の熱望の的に応答することができます」とリーが付け加えます。

より低い開発費
完全な特徴セットおよび開発ツール(ウィンドウズCE 5.0)で、オペレーティング・システム自体内の多くの仕事を行ないます。そのコンポーネントベースの環境は、カスタム特徴が容易に再使用されることを意味します、計量可能で、ポータブル。

印象的な実績
オプションを評価する際に、Tinnosは、様々な処理プラットフォームおよび装置上のウィンドウズCE実績を見ました。これらは、PDA、ハンドヘルドPC(HPC)および潜水艦ノート・セグメントに大部分は成功しました。

開発専門知識の有効性
BlufinのためにウィンドウズCEを使用する利益は利用可能なウインドウズを保証された開発者およびエンジニアの大きなプールです。「私たちはそこに知っていました、より多くの訓練されて経験を積んだウインドウズ・プログラマおよび開発者だった、したがって、これ、支援された、より低い、私たちの開発費。」リーを加えます。

より速い商品化に要する時間
Blufin PMTは概念から生産まで10か月未満で開発されました。ウィンドウズCE環境は、資源のための高速アプリケーション開発をサポートします、再コンパイルせずに2進法の単一を使用して、装置(PDAとPMTのような)を抑制しました。「それは私たちに大きな開発者コミュニティーおよびウィンドウズCE 5.0の容易なカスタマイゼーションを提供します」とリーが言います。

よりよい将来のインターフェース
Tinnosは、後のバージョン中でBlufinをさらに発展させるように見えています。

「私たちは、増強されたコミュニケーション・テクノロジーを備えたBlufin装置のよりユーザー・フレンドリーなモデルを準備しています」とリーが言います。

「個人のポータブルの多機能のターミナルのエリアの進展を集中させるとともに、私たちは、装置と内容の間の新しい種類のビジネス収束を特に構築するつもりです。」

他のマイクロソフト顧客成功に関してより詳細には、次のものを訪れてください:
www.microsoft.com/事例研究





なんとなく雰囲気は分かっていただけただろうか?

このブログを単なるフリーウェア紹介にしたくなかった私には、かなりおいしいニュースなのだけれど…、正直読んだ方の反応がちょっと気になる。^^;



このブログはランキングに参加しています。よろしかったらぜひクリックお願いします。
Brog.gif


posted by Blufin Lover at 06:16| その他