2007年04月25日

新ファームウェア(Ver2.3.6)発表

 

Blufinのファームウェアがアップグレードされた。
新しいバージョンは Ver2.3.6となる。Live-well社のサイトによると、新しいファームウェアの内容は以下の通りだ。

----------------------------------------------------------------
■ごみ箱アイコンの削除

v2.3.3にて、ファイル削除時ごみ箱を使用せず直接消えるように変更されたため、ごみ箱が不要になっていました。

■BluAudio
・Pause(一時停止)状態でseekすると、Pauseと表示された状態で再生してしまう現象を修正しました。
・最後に再生した曲の再生終了位置を記憶する機能が追加されました。BluAudioを立ち上げれば、続きから再生されます。
・長時間再生時、時折プログラムが止まる現象を修正しました。
・monoで作られたMP3ファイルが2倍速で再生した現象を修正しました。

■BluPlayer
・一部動画でseek時再生できなかった現象を修正しました。
・BluCamで撮影した動画およびWMV 7/8に対する再生性能が改善されました。

■BluCam
・写真撮影時、自動で画像を明るくする機能を除去しました。 明るさはオプションで設定することができます。
・撮影した写真をBluCamから直接見る機能が追加されました。 (5Wayキーで選択可能)
・露出調節機能が追加されました。
・明るさ調節機能が追加されました。
・エフェクト機能が追加されました。 選択可能なエフェクト(Effect)は、monochrome・sepia・negative・solarizationです。
・背景(スキン)設定機能が追加されました。
----------------------------------------------------------------


blufin_farm_236.jpg

----------------------------------------------------------------



新ファームウェア Ver2.3.6 発表


Blufinのファームウェアがアップグレードされた。
新しいバージョンは Ver2.3.6となる。

Live-well社のサイトによると、新しいファームウェアの内容は以下の通りだ。

----------------------------------------------------------------
■ごみ箱アイコンの削除

v2.3.3にて、ファイル削除時ごみ箱を使用せず直接消えるように変更されたため、ごみ箱が不要になっていました。

■BluAudio
・Pause(一時停止)状態でseekすると、Pauseと表示された状態で再生してしまう現象を修正しました。
・最後に再生した曲の再生終了位置を記憶する機能が追加されました。BluAudioを立ち上げれば、続きから再生されます。
・長時間再生時、時折プログラムが止まる現象を修正しました。
・monoで作られたMP3ファイルが2倍速で再生した現象を修正しました。

■BluPlayer
・一部動画でseek時再生できなかった現象を修正しました。
・BluCamで撮影した動画およびWMV 7/8に対する再生性能が改善されました。

■BluCam
・写真撮影時、自動で画像を明るくする機能を除去しました。 明るさはオプションで設定することができます。
・撮影した写真をBluCamから直接見る機能が追加されました。 (5Wayキーで選択可能)
・露出調節機能が追加されました。
・明るさ調節機能が追加されました。
・エフェクト機能が追加されました。 選択可能なエフェクト(Effect)は、monochrome・sepia・negative・solarizationです。
・背景(スキン)設定機能が追加されました。
----------------------------------------------------------------




前回のファームアップ(Ver2.3.3)が2007年1月9日だったので、約3ヶ月ぶりのファームアップということになる。またバージョンも Ver2.3.4 ではなくVer2.3.6 であるところからも、試行錯誤の跡が見られる。


製品発表から2度目のファームアップで、その間隔は2ヶ月から3ヶ月だ。一度製品を発売するとそのまま放置のメーカーも少なくない中、Tinnos社はかなり精力的に製品の改善を行っていると言って良いだろう。こういうきちんとした製品に対するフォローは、デジタル製品では大変意義深し、Blufinへの安心感にもつながる。



新しいファームウェアは以下のページからダウンロードできる。



blufin_farm_top.jpg


このページのタイトル画像のすぐ下が新しいファームウェアの在処だ。

blufin_farm_236.jpg

blufin_farm_dl.jpg



ファームアップの手順はVer2.3.3の場合と全く変わらない。

解凍したzipファイルの内容をそのままBlufinのルートフォルダに上書き転送し、再起動したBlufin側で「マイデバイス」からアップローダーを実行するだけだ。ただしこの際、サイトにも書いてあるようにレジストリを初期化するので、レジストリを利用するソフトウェアをインストールしている場合、再インストールが必要になる。



新しいファームウェアの内容を読むと、Blucam(デジタルカメラ機能)の改善が目立つが、私にとっては動画再生機能の強化がうれしい。

DivXなどの動画圧縮コーデックには様々な解像度、ビットレートなどの要素があり、普通使っている分には問題がなくても、可変ビットレートで大きな数値を一時的に読み込む場合などPCでもなんらかのエラーが起きることは多い。

今回は動画再生(Blplayer)については公式には2点しか触れていないが、今回のバージョン発表に至るまで常に対応コーデックを増やし安定させることを意識していたことが分かり、大変心強い。



既にBlufinを持っている人は、まずはファームアップしてみるべきだろう。まずは大変上品になった起動音に感動するはずだ。





このブログはランキングに参加しています。よろしかったらぜひクリックお願いします。
Brog.gif

posted by Blufin Lover at 14:47| Blufinの仕様・スペック